三重県四日市市諏訪栄町6-3 愛汗ビル4F TEL:059-351-9974

白内障や緑内障、糖尿病網膜症、コンタクトレンズのことなら四日市市の高芝眼科へお任せください。

  • ホーム
  • 医院紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • Q&A
  • コンタクトレンズ
白内障・緑内障について
  • 白内障・緑内障とは?
  • 治療方法
糖尿病網膜症について
  • 糖尿病網膜症とは?
  • 治療方法
小児眼科
  • 屈折異常
    (近視、遠視、乱視)
  • 斜視、弱視
目についてのお話
こちらでは、目にまつわる色々なお話を掲載し、皆様にお役立ていただこうと考えております。
  • 日本医師会
  • 日本眼科学会
  • 三重県眼科医会
モバイルサイトのご案内 携帯電話で左のQRコードを読み取ると高芝眼科のURLが表示されます。

白内障・緑内障について

白内障とは?

ピントを合わせるためのレンズの役割を持つ水晶体が濁り、視界がかすんだり光のまぶしさが増すなどの症状が出る病気です。

発症の原因としては加齢が最も多く、早い人では40歳位から発症することもあります。

水晶体の濁りは少しずつゆっくり進んでいきますが、一度濁った水晶体は元通り透明にはなりません。

視界がかすんだり光をいつも以上に眩しく感じたら診察の合図。
すぐに診察を受けるようにしましょう。

また、上記のような症状がなくても40歳を超えたら診察を受けてください。早めの診察で合併症などの多くのリスクを回避することができます。

白内障の治療方法

視力の低下が激しい場合、進行した白内障が認められた、有効な治療法は手術のみで、濁った水晶体を吸い出して人工のレンズを挿入します。

今おこなわれている最も一般的な手術の方法は、水晶体超音波乳化吸引術および眼内レンズ挿入術といい、特殊な超音波の器械で水晶体を細かく砕き、そこに眼内レンズという小さなプラスチックのレンズを埋め込みます。

症状にもよりますが手術に要する時間は15~30分程度となっています。

良く見えるようになったのに、しばらくしてからまたかすんでくることがあります。
この原因のひとつは後発白内障というもので、眼内レンズが埋め込んである袋が時間経過により濁ってしまうことをいいます。

発症時期はまちまちで、早い人は半年くらい、遅い人は5年程たっても発症しません。

緑内障とは?

視神経がおかされ視野が欠けてしまう病気です。

目の中の房水(目に栄養を運ぶ液体)が排水されにくい、または排水されない状態になり眼球中の圧力(眼圧)が高くなることで視神経が損傷することで発症します。また、眼圧が正常であっても緑内障がおこる場合もあります。40歳以上の約30人に1人が発症し、「眼の成人病」とも言われます。

白内障と並んで中高年の代表的な眼の病気で、最近の大規模な調査では、中高年の20人に1人が何らかの緑内障をもっていることが予測されています。
自覚症状が少ないため、多くの人たちが緑内障と気づかないことが多く、40歳を過ぎたら一度眼科で診察を受けることをおすすめします。

緑内障の治療方法

目の疲れ、視野狭窄、頭痛や、眼球を重く感じたり、目の痛みや電灯の周りに虹のような輪がみえる(虹視症)場合はすぐに診察を受けることをおすすめします。

まず視力、眼圧を測定するとともに眼底の視神経の観察を行います。また視野検査も必須です。更に隅角といって、房水の流出路を観察し視神経への影響を調べます。

原則的には点眼薬でおこない、それでも思わしい効果が得られない場合手術治療をおこないます。

原則的に診察毎に眼圧を測定し、通常3ヶ月に1度程視野検査をします。
また時々、視神経を観察します。緑内障が進行しているかどうかの判断は視野検査で行います。慢性にくる開放隅角緑内障では、点眼薬で治療し眼圧を下げます。点眼薬を使用しても眼圧が充分下がらなければ、手術を考慮することになります。急性にくる閉塞隅角緑内障では、先ず点滴、内服、点眼薬で速やかに眼圧を下げ、レーザー照射を行って眼内の水の流れをスムーズにします。それでも眼圧が下らなければ手術が必要となります。