三重県四日市市諏訪栄町6-3 愛汗ビル4F TEL:059-351-9974

白内障や緑内障、糖尿病網膜症、コンタクトレンズのことなら四日市市の高芝眼科へお任せください。

  • ホーム
  • 医院紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • Q&A
  • コンタクトレンズ
白内障・緑内障について
  • 白内障・緑内障とは?
  • 治療方法
糖尿病網膜症について
  • 糖尿病網膜症とは?
  • 治療方法
小児眼科
  • 屈折異常
    (近視、遠視、乱視)
  • 斜視、弱視
目についてのお話
こちらでは、目にまつわる色々なお話を掲載し、皆様にお役立ていただこうと考えております。
  • 日本医師会
  • 日本眼科学会
  • 三重県眼科医会
モバイルサイトのご案内 携帯電話で左のQRコードを読み取ると高芝眼科のURLが表示されます。

小児眼科

屈折異常(近視・遠視・乱視)とは?

お子さんの視力の障害は、大きく分けて、屈折異常(近視、遠視、乱視)、弱視、斜視があります。

屈折異常と弱視の違いは、屈折異常は網膜に像を正しく結ばない状態(めがね等で矯正すれば見える)なのに対して、弱視は視力そのものが未発達で見えないという点です。

弱視の原因は屈折異常により脳への情報経路が育っていない場合や、斜視により片方の眼が使われなかった場合などがあります。

左右の視力が大きく異なる時は、不同視とよばれることもあります。
両方の眼を正しく機能させて立体感の把握を養うことも視力の発育にはとても重要になります。

屈折異常の治療方法

子ども達は、見えないことが普通と思ってしまったり、自分から主張できないことので、家族の方々が注意して観察する必要があります。

小さい頃から物を見る力が弱い、焦点が合っていないなど気になる症状があれば、まずは当院にて視力検査をさせていただきます。

【近視の場合】
点眼薬を用いる治療方法があります。この方法は、近視になりかけの偽近視〈仮性近視)の時期に行います。
一時的な近視は、目の調節を休ませる点眼薬をしようする場合もあります。
病的近視の場合は現在は有効な治療法がありませんが、網膜はく離や眼底出血などが起こらないように注意して、起きた場合は早急に手術する必要があります。
【遠視の場合】
中度以上の遠視があると物がはっきり見えず、網膜から脳へ情報を伝える経路が育ちにくく弱視になりますので、遠視用のめがねによる矯正を行います。
【乱視の場合】
乱視の強い人は、メガネによる視力の矯正ができない場合が多く、このような時はコンタンクトを使用すると、より良い矯正が得られます。また、不正乱視の場合もコンタクトで矯正による矯正を行います。
乱視だけが原因で視力が低下する事はあまりなく、近視や遠視と併合している場合がほとんどです。

斜視・弱視とは?

【斜視】
斜視は両眼の視線が同じ目標に正しく向かない状態です。
このため片眼だけ違う目標を見つめているように感じられます。
小児の場合はこのために片眼の視力が弱くなったり、両眼で見れないために遠近感や立体感が育たなくなってしまうことがあります。
斜視には、ずれている方向により、内斜視、外斜視、上下斜視があります。
ある程度視力が出てきてから見られる内斜視は遠視によることが多く眼鏡などで正常眼位となることが多いのですが、先天性の内斜視(生まれつきの角度が大きい内斜視)や外斜視、上下斜視などは手術治療が必要なことが多いです。
手術によって眼位が矯正されても視力が悪かったり両眼視ができなかったりした場合は視能矯正訓練が必要なことがあります。
【弱視】
弱視とは一般的に目そのものには異常がないのに、視力が悪い状態を指します。
これは視力がいろいろな原因・状態により育っていないと考えられる状態です。
よくあるのは、先天内斜視などで片眼が使われていない、不同視弱視(片眼だけ強い遠視などで視力の発達が遅れる)、屈折異常弱視(両眼の強い遠視などで視力の発達が遅れる)、形態覚遮断弱視(幼少時の眼帯など、視力発達を妨げる要因により視力が発達していない)などです。
その他の症状では、テレビに近づく、頭を傾ける、顎を挙げて物を見る、姿勢が良くない、集中力がない、などがあります。
幼児は症状を訴えないことも多いので両親も気を付けてあげることが大切です。
弱視は発見が早ければ視能訓練、手術などで回復することも多いのです。
一方、弱視と判断していたら他に頭内などに病気がある場合もありますので、このような症状が見られたときは早めに眼科受診をしたほうがよいでしょう。

斜視・弱視の治療方法

【斜視の場合】
眼球を動かす筋肉の位置を手術でつけかえたり、筋肉の強さを調節して治療します。遠視による内斜視はめがねで遠視を矯正すれば治ります。
【弱視の場合】
視力の発達が抑えられている期間の長さや程度によって、良くなる場合とならない場合があります。3歳くらいまでに見つかると、治る可能性があります。
日頃から子供の観察をして少しでも異常に気がついた場合は必ず眼科を受診しましょう。

遠視が原因の場合は遠視用のメガネをかけます。また、弱視の視力増強訓練を行います。
他に、良い方の目を隠すことにより、弱視の目を無理に使わせようとする治療方法です。これは遮閉方法(しゃへいほうほう)といわれる治療方法で、病院だけでなく、家庭でもずっと行わないといけないので、家庭の協力が必要になります。